スポンサードリンク

西新宿・成子天神社(なるこてんじんしゃ)

西新宿から青梅街道を神田川、淀橋に下って行く途中、高層ビルの狭間に鎮座している成子天神社です。

成子天神社の写真

祭神は、菅原道真公で、由緒は案内板には、以下のように記載されています。

千年を超える歴史を紡いできた「成子天神社」

このあたりはその昔 柏木鳴子と呼ばれ、当地には もともと大神宮(ご祭神 天照大御神・あまてらすおおみかみ)が祀られ、松屋柏の樹々が茂る清らかな地域が広がっておりました。

成子天神社・恵比寿の写真

平安時代の延期3(903)年、九州の大宰府(だざいふ)で菅原道真公(すがわらのみちざねこう )が亡くなられたという報せを東国の地で受けた家臣の佐伯と斎宮は悲嘆極まりなく、その徳を慕い、洛陽(平安京)より公の生前に彫られた像を柏木村の持ち帰りました。

そして当地を菅公神社の神域とし、平和と文道の神として、お祀(まつ)りし当社が設立されたのです。

成子天神社・大黒天の写真

その後、徳川三代将軍家光公より春日局に柏木鳴子の地を賜り、局(つぼね)の勧請(かんじょう)により天満天神社として社殿を造営。

明治27年、成子神社と改め、昭和3年、成子天神社と改称。

その後、戦災焼失、昭和41年の再建等を経て、平成26年の御造営を迎えました。

成子天神社・鳥居の写真

青梅街道から本殿に続く、表 参道には、七福神の恵比寿と大黒天、鳥居をくぐると毘沙門天が祀られ、境内には、弁財天、福禄寿などすべての七福神が祀られています。

成子天神社・毘沙門天の写真

七福神めぐりは、七つの災難を除き、七つの幸福が授かると云われ、日本橋や浅草、深川などが有名ですが、ひとつの社(やしろ)に七福神が揃っているのは、最強のパワースポットですね。

成子天神社・弁財天の写真

境内には、本殿の天神様をはじめ、鳴子稲荷神社や力石、撫で牛など様々な神様がいらっしゃいます。

鳴子稲荷神社の写真

鳴子稲荷神社に祀られているのは、宇迦御魂命(うかのみたまのかみ)で、伏見稲荷大社 (京都)から分祀(ぶんし)され、農耕、商売繁盛、現世利益にご神徳があります。

成子天神社・力石の写真

成子天神社の力石は、新宿区指定有形民俗文化財に指定されていて、大祭などの祭礼などで力比べをするために使われていた卵型の大きな石で、重さは約150キログラム〜約218キログラム。

又、石に彫られている氏名は、この石を持ち上げた方々だそうです。

成子天神社・撫で牛の写真

撫で牛は「心をこめて触る」のが大切なようです。

ツルツルとした石の感触と同時に、心が落ち着くような安心感をおぼえ、ご利益を感じる事ができました。

成子天神社は、めぐる・学ぶ・感じるが、キーワードのご神 域で、すべてパワースポットとして人気を博しています。

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

観光スポット

観光エリア

シーズン

特集スポット

トピック(topic)

スポンサードリンク

東京23区

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2017 東京観光ガイドマップ All Rights Reserved.