スポンサードリンク

永代橋

赤穂浪士が討ち入りの帰りに渡った橋として有名な永代橋は元禄11年(1698)に 上野寛永寺本堂の材木を使い深川と日本橋を結ぶ橋として架けられたそうです。
文化4年(1807)には富岡八幡祭礼の多くの見物人により、橋の一部が落ち多くの死者がでたという大惨事もあったそうです。
現在の橋は、大震災復興事業の最初の工事として架け換えられ重量感あふれるシンプルなアーチ型で、 テレビドラマやお天気カメラのロケ地としてよく登場しています。

ライトアップされた永代橋 ■ライトアップされた永代橋
夕刻から22時まで青白くライトアップされる永代橋。

ライトアップされた永代橋2 「永代橋」という名称は当時佐賀町付近が「永代島」と呼ばれていたからという説と、徳川幕府が末永く代々続くようにという慶賀名という説があるそうです。

永代橋の碑 ■永代橋の碑
永代橋は、元禄十一年(1698)に隅田川の第四番目の橋として、現在の永代橋の場所よりも上流約のこの付近に架けられていました。

永代橋の碑文 当時、橋の左岸を永代島と呼んでいたことから「永代橋」と名付けられましたが、一説には五代将軍綱吉の五十歳を迎えた記念として、 その名を付けられたとも伝えられています。 当時諸国の廻船が航行していたため、橋桁を十分高く取ったので、「西に富士、北に筑波、南に箱根、東に安房上総、 限りなく見え渡り眺望よし」といわれる程の橋上からの景観でした。
左図は、安藤広重の天保前期の作品「江戸名所之内永代橋佃沖漁舟」であり、月下の沖合に点々と白魚舟の篝火が明滅する夜の江戸を、 詩情ゆたかに描き出しています。
永代橋が現在の場所に移されたのは明治三十年(1897)のことで、わが国の道路橋としては初めての鉄橋に生まれかわりました。
その後、関東大震災で大破し、大正十五年(1926)十二月に現在の橋に架替えられました。
その姿は、上流の清洲橋の女性的で優美な雰囲気とは対照的に、男性的で重量感にあふれており、 隅田川の流れとともに広く都民に親しまれています。
1989年4月
中央区

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

観光スポット

観光エリア

シーズン

特集スポット

トピック(topic)

スポンサードリンク

東京23区

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2017 東京観光ガイドマップ All Rights Reserved.