スポンサードリンク

中野区観光スポット

中野区位置の地図 中野区は東京都23区の西部にあり、武蔵野台地の一角に位置します。江戸時代に流通経路の役割が高まり江戸市民の穀物、野菜の供給地となって発展しています。

近代になっては鉄道路線の開設とともに、人口も増え、都心に働く人々の住宅地として発展もしました。

昭和30年代以降、多くの漫画家が住んだため、現在も漫画・アニメーション製作は、隣接する杉並区と並んで盛んです。

また、中野坂上地区の再開発によりコンピュータ・ソフトウェア関連の会社も進出してきています。

中野区の由来は、昭和7年(1932年)当時の中野町と野方町が合併して誕生した際に「中野」の「中」と「野方」の「野」を合成したとする説と、A中野の町名からとする説があります。

区分名称住所
公園哲学堂公園(てつがくどうこうえん)東京都中野区松が丘1丁目34−28
哲学堂公園は東洋大学の創設者である哲学者の井上円了が、ソクラテス、カント、孔子、釈迦を祀った「四聖堂」を建設したのが、この公園のはじまりとなりました。現在は中野区有形文化財に指定されていて、花の名所として親しまれる公園となっています。哲学堂公園の敷地内には野球場・庭球場・弓道場もあります。
博物館中野区立歴史民俗資料館東京都中野区江古田4丁目3−4
中野区立歴史民俗資料館は、常設展示室、特別展示室、企画展示室の3つの展示室に分かれています。常設展示室は、中野の歴史をテーマに写真・イメージ画・ジオラマなどで再現し、さらに、今は見ることのできない宝仙寺三重塔を正確に復元した模型や、昭和末まで使用していたの旧家の台所の実物などもあります。西武新宿線「沼袋駅」より徒歩8分。入館無料。
寺院梅照院(ばいしょういん)東京都中野区新井5丁目3−5
梅照院は新井薬師として知られている寺院で、式名称は新井山梅照院薬王寺(あらいさんばいしょういんやくおうじ)。中野区最大の寺院で西武新宿線の駅名にもなる有名な寺院です。西武新宿線新井薬師前駅から徒歩6分、中野駅から徒歩15分。
寺院萬昌院功運寺(ばんしょういんこううんじ)東京都中野区上高田4-14-
萬昌院功運寺は元禄赤穂事件(忠臣蔵)で有名な吉良 義央(きら よしひさ/吉良上野介(こうずけのすけ))の墓があります。ほかに著名な人のお墓として、旗本・水野重郎左衛門、浮世絵師・歌川豊国、南蛮外科医・栗崎道有、作家・林芙美子もあり、歴史に興味ある方は一度は訪れたい歴史スポットです。

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

観光スポット

観光エリア

シーズン

特集スポット

トピック(topic)

スポンサードリンク

東京23区

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2017 東京観光ガイドマップ All Rights Reserved.